専任媒介契約の終了まであと1ヶ月ちょっと。

 

専任媒介契約中に契約が成立しないと、来年の4月までに家が建たない。
そうなると、仮住まいが必要になり余計にお金がかかってしまうかもしれない。
子どもたちの4月からの転校計画もダメに成ってしまうかも・・・。

 

頼むぅぅぅ、売れてくれぇぇ!!!

 

と毎日祈っていますが、まったく売れない!
内覧の予約も現在1件。
その内覧にすべてをかける!

 

 

もし、契約期間中に売れなかった時を考えて、買取業者にも見積もりをとってみました。

 

買取にすると70〜80%に価格が落ちてしまうというデメリットはあります。
現在は2,650万円で出しているので1855万〜2120万円。

 

ここまで下がると、自己資金で住宅ローンの返済は無理。

 

査定に来た人が「大体いくらになったらいいと思っていますか?」と聞いてきたので
「2,300万円なら買取でもありかなと考えています!」

 

と答えたところ

 

「それはかなり厳しい!」という返答・・・。やっぱり無理か。

 

その業者さんは、仲介契約をしたかったようですが、すでに他社と専任媒介契約をしているので無理。
でもとっても親身に話を聞いてくれました。

 

その営業マンが帰って数分後に電話が・・・

 

「会社と連絡をとったところ2,300万で買い取らせてもらいます!」

 

とのこと。

 

ヤッター!
これで、仲介で決まらなかった時の保険ができた。

 

あとは、この金額を元に他の買取業者にも値上げ交渉をしてみるか・・・。

 

 

現在、仲介で2,650万円で出していますが、もし決まったら仲介手数料やその他手数料を100万くらい引かれます。
買取の場合仲介手数料は不要なので2,300万円がまるまる入ってきます。

 

そう考えると差額は250万円か。

 

仲介で粘って契約を伸ばすことも考えたけど、そうすると、家の完成が遅れ仮住まいが必要になる。
そうなると、家賃(敷金礼金も)や引越し代が100万くらいかかる・・・・。

 

そう考えると250万円の差はそこまで損ではないかな。

 

買取でここまでの金額が出るとは思っていなかったので助かりました。

 

 

 

さぁ、あと1ヶ月。仲介で売れるように祈って頑張ります!

 

 

不動産売買は初めてのことですが、本当に疲れます。
「売れない!本当に売れるのだろうか?」と毎日心配しています。

 

 

 

家を高く売るには

家をなるべく高く売るには良い不動産業者を見つけることです。

我が家も地元のとっても親切な不動産会社さんとの出会いによって満足の行く売買が出来ました。

不動産一括見積もりを利用するのは、価格が高いところを選ぶわけではありません。

複数の業者さんに見積もりをお願いして、信頼できそうな業者を探すのがポイントです。

5社くらいの業者さんと話をすると、その業者さんの考え方などがわかります。

・高い見積もりを出すけど、営業をガンガンかけてくる人
・そっけない態度で、さっさと帰っちゃう人
・親身になって話を聞いてくれて裏表のない人

まずは一括見積もりをしてみてください。

金額も全く違いますが、営業マンや会社の姿勢がにじみ出てくるのでおすすめです。

注意点としては、言葉巧みな営業マンの口車には乗らないように!

→不動産の一括査定はこちらをクリック