家やマンションを売却するにあたり、ハウスクリーニングをするべきか悩む方は少なくありません。

 

ハウスクリーニングは必要なのでしょうか。それとも必要ないのでしょうか。

 

お悩みの方に向けて基本的な考え方を紹介します。トラブルを避けたい方は参考にしてください。

 

 

ちなみに、我が家は仲介業者さんから言われ、それを条件にしていたので売却した後にハウスクリーニングを入れました。

 

 

引き渡す前にハウスクリーニングは必要なの?

家やマンションに何年も住んでいると、気を付けていても汚れや痛みが生じます。
これらが目立つ家やマンションを売却するとなると気が引ける方もいるでしょう。

 

「引き渡す前にハウスクリーニングをするべきでは?」
と考えてしまいますが、基本的に売主が引渡す前にハウスクリーニングを行う必要はありません。

 

 

中古物件は、現況引渡しでの販売となるからです。

 

キッチンや壁紙などが汚れていても、そのまま引き渡すことは出来ます。
すでに引き渡しが決まっている方は、改めてハウスクリーニングを行う必要はないと考えられます。

 

 

これから売却を進める方も、ハウスクリーニングを行う義務はありません。

 

義務はありませんが、基本的にはハウスクリーニングをするほうが良いといわれています。

 

内覧などの印象が良くなり売りやすくなるからです。

 

 

まずは仲介業者と相談を

ハウスクリーニングにより家やマンションを売りやすくなることは事実ですが、すべてのケースでするほうが良いとは言えません。

 

汚れや痛みなどがひどい物件では、リフォーム代を勘案した値引き交渉を行うことがあるからです。

 

 

例えば、壁紙を張り替える必要があるので20万円値引きをしてほしいなどの交渉が行われます。

 

値引きには、ハウスクリーニングをするよりトラブル(買主が希望していた通り綺麗になっていないなど)になりにくいメリットがあるといわれています。

 

あえて、ハウスクリーニングをしないほうが良いケースもあるので、ハウスクリーニングを検討している方は仲介業者に相談しましょう。

 

 

 

家全体のハウスクリーニングの費用相場はいくら?

ハウスクリーニングの検討を進めたい方は、費用対効果について考えるとよいかもしれません。

 

ある程度の費用が掛かっても家を売りやすくなるのであれば、ハウスクリーニングを行う価値はあるといえます。

 

 

ハウスクリーニングの費用は、汚れの程度や延べ床面積などのほか空室か居住中かで変わります

 

一般的には、次の費用程度で家全体のハウスクリーニングが行えるといわれています。

 

1LDK〜2LDK

マンション・アパート 30000円〜80000円程度
一戸建て 30000円〜120000円程度

 

3LDK〜4LDK

マンション・アパート 50000円〜100000円程度
一戸建て 55000円〜180000円程度

 

 

以上の費用をふまえて、ハウスクリーニングを行うべきか検討すると良いでしょう。

 

 

我が家は、3LDKの一戸建てで対依拠した後にハウスクリーニングを入れましたが、費用は10万円でした。

 

 

水回りだけはしておいたほうがいい?

家全体のハウスクリーニングを行うとなるとそれなりの費用が掛かります。
メリットを感じない方は控えても良いかもしれません。

 

ただし、水回りだけは検討することをオススメします

 

キッチンやお風呂、洗面所、トイレなどの水回りは、内覧などで最もチェックされやすい場所だからです。

 

水垢などがたまっていると、見学者に不潔な印象を与えて購入を見送られてしまうことがあります。

 

出来る限り清潔にしておきたい場所なので、ハウスクリーニングの利用を検討したいといえます。

 

 

水回りのみのハウスクリーニング費用は?

水回りだけのハウスクリーニングであれば、それほど費用をかけずに行えます。

 

お風呂・洗面所・トイレのセットは15,000円〜40,000円程度
お風呂・洗面所・トイレ・キッチン・レンジフードのセットは18,000円〜70,000円程度で利用できることが多いようです。

 

それほど費用をかけずにきれいに出来るので、汚れが目立つ方はハウスクリーニングを検討しましょう。

 

 

 

どこに頼むか悩むなら仲介業者に聞いてみよう

ハウスクリーニングを初めて利用する方は、どこの業者に依頼すればよいか分からないはずです。

 

大手なら、ダスキンなどもありますし、ネットで検索すると地元の業者がたくさんでてきます。
料金もバラバラでどこにお願いしようか迷ってしまいます。

 

安いところにお願いして、できが悪かったらイヤですもんね。

 

 

もし信頼できるハウスクリーニング業者がわからないのであれば、仲介業者に相談すると良いでしょう。
仲介業者の多くは、ハウスクリーニング業者とも取引があります。

 

相談すれば利用できるハウスクリーニング業者を紹介してくれるはずです。

 

関係性によっては値引き交渉などをお願いできることもあります。

 

ハウスクリーニングの進め方も含めて、仲介業者に相談してみてはいかがでしょうか。

 

 

ハウスクリーニングをしないと売れないかも

売主の義務ではありませんが、これから家を売却する方はハウスクリーニングをするほうが良いと考えられます。

 

広告に掲載する写真の印象が良くなるので内覧につながりやすく、内覧の印象が良くなり家を売りやすくなるからです。

 

もちろん、ハウスクリーニングを行わず売却を進めることもできますが、写真の印象が悪いと内覧に結びつきにくく、内覧の印象が悪いと売却に結びつきにくくなります。

 

あまりに印象が悪いと、良い物件でも売れないことがあります。

 

あるいは、価格交渉で不利になります。

 

売主の義務ではありませんが、家をできるだけ高く早く売りたい方はハウスクリーニングを検討しましょう。

 

 

内覧前にハウスクリーニングするのもあり

ハウスクリーニングを行うタイミングに決まりはありません。
良く行われるのが写真を撮影する前です。

 

写真写りが良くなるので、売却につながりやすくなります。

 

広告の反応を見てからハウスクリーイングを行うべきか検討したい方は、内覧前に行うこともできます。

 

内覧前に行うメリットは、一番きれいな状態で見込み客を迎えられることです。
良い印象を与えられれば、売却につながりやすくなります。

 

ハウスクリーニングを検討している方は、行うタイミングにも注意しましょう。

 


家を高く売るには

家をなるべく高く売るには良い不動産業者を見つけることです。

我が家も地元のとっても親切な不動産会社さんとの出会いによって満足の行く売買が出来ました。

不動産一括見積もりを利用するのは、価格が高いところを選ぶわけではありません。

複数の業者さんに見積もりをお願いして、信頼できそうな業者を探すのがポイントです。

5社くらいの業者さんと話をすると、その業者さんの考え方などがわかります。

・高い見積もりを出すけど、営業をガンガンかけてくる人
・そっけない態度で、さっさと帰っちゃう人
・親身になって話を聞いてくれて裏表のない人

まずは一括見積もりをしてみてください。

金額も全く違いますが、営業マンや会社の姿勢がにじみ出てくるのでおすすめです。

注意点としては、言葉巧みな営業マンの口車には乗らないように!

→不動産の一括査定はこちらをクリック




関連ページ

家や土地の不動産を売却するときの流れ
不動産売却の流れを簡単にまとめました。初めて不動産を売る方は不安もたくさん。一連の流れを知っておけば準備もしっかりできるでしょう
家を買い換えるとき住宅ローンの話。ローン残債と新しいローンはどうなる?
家を売ろうと思った時に考えるのがローン残債。売却してもローンを返せない場合はどうなるのでしょうか?不動産売却とローン残債についてわかりやすくまとめました
不動産(一戸建てやマンション)を高く売る3つのコツとは?
どうせなら高く売りたい!愛着のある家を高く売るためにはどうしたら良いのかをまとめました。これを知っているだけで500万円以上お得になるかも
不動産売却業者の失敗しない選び方!家を高く売りたいなら業者選びがポイント
一戸建てやマンションを高く売りたいなら業者選びが一番大事です。査定価格が高いから選んでいてはダメですよ!
一戸建て・マンションが売れない!そんな時に見直す3つのポイント
売り出してみたはいいけど売れない!そんな時に見直すべき3つのポイントをお伝えします。いきなり価格を下げるのはNGですよ!
媒介契約の種類と違いは?一般媒介・専任媒介・専属専任媒介とは
不動産を売却する時に仲介屋さんと契約しますよね。そこで出てくるのが媒介契約。一般媒介、専任媒介専属専任媒介って何が違ってどれがいいのかをお伝えします
不動産売却で「買取り」と「仲介」の違い。家を高く売るならどっち?
家を売る方法は「仲介」と「買取」の2つあります。仲介と買取の違いはどこにあるのか?また高く売れるのはどっちなのかなどをお伝えします
2020年問題でマンション価格が大暴落?売るなら今のうち!
不動産を所有している方の間で話題になっている2020年問題をご存知でしょうか。まだ、知らない方は理解を深めておいた方がよいかもしれません。現実になると大きな損をするかもしれないからです。2020年問題の内容と問題が発生するとされている理由を解説します。
不動産の2022年問題をわかりやすく解説!生産緑地がキーワード!
生産緑地と2022年問題に注目するとよいかもしれません。生産緑地とはどのような土地なのでしょうか。また、2022年問題とどのような関わりがあるのでしょうか。これらについて詳しく解説します。