マンションから戸建て
戸建てから戸建て
マンションからマンション

 

どれがいいんだろう?

 

 

 

 

住み替えの最も重要なポイントが、一戸建てとマンションのどちらを選ぶかです。

 

永遠のテーマともいわれる問題に答えはあるのでしょうか。

 

今日は一戸建てとマンションのメリット・デメリットを紹介します。

 

自分なりの答えを見つけてみてはいかがでしょうか。

 

 

住み替え時に考えたいそれぞれの良いところ悪いところ

一戸建てとマンションには、それぞれのメリットとデメリットがあります。

 

また、メリットとデメリットは「マンションから一戸建て」「一戸建てからマンション」「一戸建てから一戸建て」へ住み替えるときで異なります。

 

それぞれ、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

 

 

 

 

 

マンションから一戸建てのメリット・デメリット

マンションから一戸建てへ住み替えるメリット・デメリットとして次の点などが挙げられます。

 

マンションから一戸建てのメリット

 

・建物と土地を専有できる
・自分のペースで修繕・建替えなどができる
・敷地内に駐車場や庭を確保できる
・独立性が高いのでプライバシーを守りやすい

 

一つづつ詳しく見ていきましょう

 

建物と土地を専有できる

マンションから一戸建てへ住み替える最大のメリットはこの点にあります。

 

特に、土地を専有できる点は大きなメリットです。

 

もちろん、マンションの土地にも自分の持ち分はありますが、自由に扱えないので一戸建ての土地とは意味が異なります。

 

年月の経過とともに建物の価値は下がっても土地の価値は下がらないので、一戸建てはマンションに比べ資産価値を維持しやすいといえるでしょう。

 

 

自分のペースで修繕・建替えなどができる

自分のペースで修繕や建替えを行える点も、マンションから一戸建てへ住み替えるメリットといえます。

 

集合住宅のマンションは、所有者全員の同意がないと修繕や建替えが行えません

 

自由度が高い点は一戸建ての魅力です。
また、管理費や修繕積立金がかからない点も一戸建てへ住み替えるメリットといえるでしょう。

 

 

敷地内に駐車場や庭を確保できる

敷地に余裕があれば駐車場や庭を確保できます

 

駐車場を確保すれば、毎月かかる駐車場代を節約できます。

 

庭を確保すれば家庭菜園を楽しむことや子供と一緒に遊ぶことなどもできます。

 

マンションから一戸建てへ住み替えれば、生活の自由度はアップすることが多いはずです。

 

 

独立性が高いのでプライバシーを守りやすい

基本的に、マンションは上下左右に隣人が住んでいます。

 

常に生活音を気にしながら暮らさなければなりません。

 

一戸建ては独立性が高いので、マンションに比べてプライバシーを守りやすいといえるでしょう。

 

 

マンションから一戸建てのデメリット

 

・同じ立地条件だと割高になることが多い
・駅近物件を見つけることは難しい
・自分で修繕計画をたてなければならない
・セキュリティ面が不安

 

同じ立地条件だと割高になることが多い

建物のグレードなども影響しますが、同じ立地条件だとマンションより一戸建ての方が割高といわれています。

 

土地を自分の資産にできるメリットと併せて考えたいデメリットです。

 

 

 

駅近物件を見つけることは難しい

駅直結に代表されるようにマンションは駅近に建てられることが多いといえます。

 

対する、一戸建ては駅から少し離れた住宅街に建てられることが多いので、駅近物件を見つけることは難しくなります。

 

駅近マンションから一戸建てに住み替えると、不便になったと感じるかもしれません。

 

 

自分で修繕計画をたてなければならない

自由にリフォームなどを行える点はメリットですが、その計画は自分でたてなくてはなりません。

 

計画を誤るとリフォームしたいのに予算がないなどに陥る恐れがあります。

 

 

セキュリティ面が不安

一戸建てに防犯カメラやオートロックなどの設備はありません。

 

セキュリティの充実したマンションから一戸建てへ住み替えると、セキュリティ面に不安を感じることがあります。

 

一戸建てへの住み替えが適している人

将来にわたり資産価値を維持したい方には、一戸建てへの住み替えをオススメします。

 

例外はありますが、土地を専有できるのでマンションよりも資産価値を保ちやすいといわれています。

 

 

子どもが大きな声で話せる、自由に走り回れる生活を実現したい方も、一戸建ての住み替えを選ぶと良いでしょう。

 

独立性が高く敷地にゆとりがあるので、理想を実現しやすいはずです。

 

同様に、プライバシーを重視したい方にもオススメです。

 

 

 

戸建てからマンションのメリット・デメリット

 

一戸建てからマンションへ住み替えを検討している方もいるはずです。

 

メリット・デメリットとして次の点などが挙げられます。

 

 

戸建てからマンションのメリット

 

・立地条件の良い場所で暮らせる
・設備が充実している
・耐震性・気密性などに優れる
・管理に手間がかからない

 

立地条件の良い場所で暮らせる

一戸建てに比べると、マンションは駅前や繁華街の近くに建てられることが多いとされています。

 

このような物件を選べば、住み替えで暮らしやすくなった、便利になったと感じることが多いはずです。

 

同じ立地条件であれば一戸建てより割安で購入できる点も見逃せません。

 

 

設備が充実している

マンションには、ディスポーザーや宅配ボックスなど一戸建てにはない設備が充実しています。

 

また、オートロックや監視カメラなどセキュリティも充実しています。

 

一戸建てで暮らしていた方がマンションへ住み替えると、快適になったと感じることが多いはずです。

 

 

耐震性・気密性などに優れる

一般的に、マンションは一戸建てよりも耐震性や気密性、防音性などに優れているといわれています。

 

安心・安全・快適に暮らせる点も、マンションへ住み替えるメリットといえます。

 

 

維持・管理に手間がかからない

一戸建てと異なり清掃や管理・修繕などは管理会社が行ってくれます。

 

そのため、維持・管理に手間はかかりません。

 

忙しい方でも快適に暮らせます。

 

 

戸建てからマンションのデメリット

・将来の資産価値を期待しづらい
・管理費・修繕積立金がかかる
・駐車場代がかかる
・プライバシーを確保しづらい
・自宅から出るのに時間がかかる

 

将来の資産価値を期待しづらい

敷地面積を建物の専有面積で割った土地の持ち分はありますが、一戸建てのようにすべての土地が自分のモノになるわけではありません。

 

そのため、将来の資産価値は一戸建てに比べて期待しづらいといわれています。

 

 

管理費・修繕積立金がかかる

一戸建てからマンションへ住み替えると、これまでかからなかった管理費や修繕積立金がかかります

 

一戸建てでも必要になる費用ですが、毎月決まった額を強制的に徴収されるので負担に感じることがあります。

 

ちなみに、管理費+修繕費の相場は21,500円程度です。

 

田舎は安いし、都会は高くなる傾向がありますね。

 

 

駐車場代がかかる

一戸建ての敷地内に駐車していた方は、マンションに住み替えることで新たに駐車場代がかかります。

 

この点も住み替え前に抑えておきたいポイントです。

 

 

プライバシーを確保しづらい

壁越しに隣家があるので一戸建てに比べるとプライバシーは確保しづらいといえます。

 

隣家の家庭環境などによっては、騒音に悩まされることもあります。

 

 

マンションから出るのに時間がかかる

部屋が高層階にあるとマンションから出るだけで時間がかかります。

 

ケースによっては、買い物の荷物を持ち帰る、ゴミを出しに行く、忘れ物を取りに帰るだけで面倒に感じることがあります。

 

価値観によっては不便と感じることがあるかもしれません。

 

 

マンションへの住み替えが適している人

駅から近い、通勤・通学しやすい、買い物に便利など、利便性を高めるために住み替えを検討している方にはマンションがオススメです。

 

良い立地条件の物件を割安で購入できます。

 

 

耐震性や防犯性を高めるために住み替えを検討している方にもマンションがオススメです。

 

一般的に、一戸建てより構造面、設備面で優れているといわれているからです。

 

 

戸建てから戸建てのメリット・デメリット

戸建てから戸建てへ住み替えを検討している方もいるでしょう。

 

中古の戸建てや建売物件を買った人が、やっぱり注文住宅がいい!という方もいるでしょう。
また違う土地に引っ越すことになり、また戸建てを購入したい!という方も。

 

2件目の戸建てなので、1回目よりはより良い家にしたい!と考えているでしょう。
しかし、土地が違えば家も異なるので、なかなか思うように行かないこともあります。

 

戸建てから戸建てに住み替えるときのメリットとデメリットをお伝えします。

 

一戸建てのメリットは「マンションから戸建て」で説明したとおりです。

 

 

 

戸建てから戸建てのメリット

・1回目の反省を生かしてより良い家が立てられる
・よりよい環境のある土地を選べる

 

1回目の反省を生かしてより良い家が立てられる

何をするにも1回目よりも2回目のほうがうまくいくものです。

 

家造りだってそうですよね。

 

反省を生かしてより良い家造りができるのは最大のメリットではないでしょうか。

 

 

よりよい環境のある土地を選べる

子供が増えたり、出ていったりと家庭環境がかわると、生活環境も変わってきます。

 

より便利な地域を選べるのもうれしいですよね。

 

 

戸建てから戸建てのデメリット

「より良い」は価格も高くなる

 

家や土地をより良くしようと思うと、それだけお金がかかります。

 

 

「予算にあった家や土地」と「理想の家や土地」はかなり違うものです。

 

そのあたりも住み替え前に事前に考えて、しっかりと調査しておきましょう。

 

 

土地の広さや形で立てられる家も変わる

土地の広さや形状が違うと建てる家も変わってきます。

 

なかなか理想通りには行かないものです・・・。

 

田舎なら広い土地を安く変えますが、都会は土地が狭い上に高いです。

 

 

土地選びもしっかり考えて計画的に行いましょう。

 

 

施工会社選びでもかなり変わる

 

施工会社にもそれぞれ特徴があります。

 

木のぬくもりがある家が得意。近代的な家が得意など。

 

大手だから、安いからなどで決めるとイメージと違う家ができあがってしまいます。

 

 

 

実は我が家は、一戸建てから二世帯の一戸建てに住み替えました。

 

2回目だからより良い家を・・・

 

と表いましたが、2世帯だったので両親との意見が合わなかったり、予想以上に土地が狭かったりしてうまくいきませんでした。

 

子育てをするには、2回目の家のほうが断然良いのですが、家自体は1回目の家のほうが良かったです。

 

 

家造りは、全て理想通りには行きません。
どこか妥協をするところが出てきますので、妥協できるところとできないところを家族で話し合ってしっかり計画を立てましょう。

 

 

住み替えで後悔しないようにしましょうね!

 

 

 

 

 

まとめ

住み替えの検討を始めると一戸建てが良いか、マンションが良いか悩むはずです。

 

お困りの方は、それぞれのメリットとデメリットをよく考えましょう。

 

これらを理解したうえで、住み替えの理由やライフスタイルに適した選択をすると失敗の確率を減らせます。

 

長く住むことになるので、自分たちに合った選択をすることが最も重要です。

 

家を高く売るには

家をなるべく高く売るには良い不動産業者を見つけることです。

我が家も地元のとっても親切な不動産会社さんとの出会いによって満足の行く売買が出来ました。

不動産一括見積もりを利用するのは、価格が高いところを選ぶわけではありません。

複数の業者さんに見積もりをお願いして、信頼できそうな業者を探すのがポイントです。

5社くらいの業者さんと話をすると、その業者さんの考え方などがわかります。

・高い見積もりを出すけど、営業をガンガンかけてくる人
・そっけない態度で、さっさと帰っちゃう人
・親身になって話を聞いてくれて裏表のない人

まずは一括見積もりをしてみてください。

金額も全く違いますが、営業マンや会社の姿勢がにじみ出てくるのでおすすめです。

注意点としては、言葉巧みな営業マンの口車には乗らないように!

→不動産の一括査定はこちらをクリック




関連ページ

住み替えでかかる税金と確定申告。他にもこんなにお金がかかるんです!
住み替えをした時にかかる税金についてわかり易く解説。他にも必要なお金についてまとめました