親が他界して売却したのですが、買い叩かれました

築21年の親の家を売りました。2階建て70坪の二世帯住宅でした。

 

雨漏りなどの大きな修理箇所はありませんでしたが、海沿いということもあり結構劣化はしていたと思います。

 

不動産を売却した理由

両親が他界してしばらくは、そのままにしていました。

 

固定資産税も払って雪が降れば雪かきなどして維持していたんですが、維持するのもめんどくさいし税金も負担に感じるようになってきたんです

 

このまま持っていてもどうしようもないなと思ったので売却しようと思いました。

 

自分が住む選択肢もあったんですが、実家は海沿いにあるので津波などが怖いなと思ったのも売却しようと思ったきっかけです。

 

 

複数社に査定したけど、かなり嫌な気分になった

色々と難癖をつけて、買い叩かれるんだなと感じました。

 

地元の不動産屋さん3社、不動産の一括査定でピックアップされた業者2社と買取業者1社に査定してもらったんですが、そのうち2社の査定のときに、凄く嫌な気分になりましたね。

 

あくまでも個人的な見解ではありますが、地元の不動産屋はあまり信用ができないなと感じました。

 

買取業者は論外です。

 

 

売るために地元の不動産屋さんに相談

まず思いついたのが地元の不動産屋さんに相談することでした。

 

地域密着店みたいな感じで親身になって相談に応じてくれるのかなと思ったんですが、全くそんなことはありませんでした

 

多分ですけど、すぐに売れそうな物件なら親身になって相談に応じてくれるんだと思います。
しかし、私の実家は無駄に大きくてしかも二世帯ということもあり、あまり相談に乗り気じゃない雰囲気を感じました。

 

 

買取業者は査定額がかなり低い

3社ともそのような感じだったので、これじゃ信用できないなと思い、次に利用したのが買取業者でした。

 

すぐに現金化できることに魅力を感じたので、査定をしてもらったんですが、最悪な査定結果でした。

 

足元を見るにもほどがあると思いましたね。

 

 

ネットの一括査定も利用してみました

そして、ネットで不動産一括査定を依頼しました。

 

過去に、車を売却した経験があったんですが、その時も車売却の一括査定を申し込みしたんです。
それで納得できる業者を見つけることができたので、不動産も大丈夫かなと思い利用しました。

 

利用の仕方は、車の一括査定と変わりませんでした。

 

 

査定をしてもらったときのイメージや感想

合計5社に査定をしたもらいました。
それぞれ凄く印象が違いましたし、査定額に違いがありました

 

まず、地元の不動産屋さんですが、3社とも50歳くらいのおじさんが来ました。

 

訪問査定までのやり取りはどこも電話のみだったんですが、電話で対応してくれた人は誰も来ませんでした。

 

 

そのうち1社の査定員は10分程度チラチラと見ただけで査定額を掲示してきました。

 

 

馬鹿にしてるんじゃないかってレベルの査定額だったので、怒りを感じましたね。たしか400万円程度だったと思います。

 

 

他の2社は、丁寧な査定をしてくれたんですが、海沿いの立地や二世帯住宅という特異な住宅ということもあり納得のできる査定額ではありませんでした。

 

査定額はそれぞれ800万円、700万円でした。

 

 

買ったときの値段はわかりませんが、少なくとも3000万円以上はしたと思うんです。

 

だから最低でも1000万円で売りたいなと考えていました。

 

 

地元の不動産屋では満足のできる査定額は見込めないなと思い、大手の不動産業者に期待しました。

 

北海道の僻地ということもあり、査定をしてくれる業者は2社しかありませんでした。

 

2社とも訪問査定をしてもらったんですが、凄く丁寧な対応でした。

 

 

査定方法もわかりやすかったし、納得のできる説明もしてくれました。

 

わからない部分やマイナスポイントなど本当に詳しく説明してくれました。

 

 

1社は約1100万円で売れると言ってくれました。
もう1社は約1200万円と言われました。

 

どちらにするか迷いましたね。

 

 

仲介料を抜いても1040万円!

少し値下げをしたんですが、満足した金額で売ることができました。

 

仲介料を抜くと約1040万円で売ることができました。

 

 

地元の不動産屋の査定額に比べると、かなりの高値で売ることができたので凄く満足できました。

 

 

売れるまでにかかった期間

売れるまでに約3ヶ月かかりました。

 

友人や知人からは「そんな早く売れるものでもないよ」と言われていたので、正直1年以上はかかるなと思っていました。

 

でも、予想に反してとても早く売却することができたので嬉しかったし、満足感でいっぱいになりました。

 

 

仲介業者が全部やってくれてたすかった♪

売却までにトラブルは特にありませんでした。
お願いした仲介業者がしっかりとフォローしてくれたので、売り手が決まってからはとてもスムーズに進みました。

 

値下げ交渉とかされたらどういう風にすればいいのかなって思っていたんですが、そういう交渉は全て仲介業者がしてくれました

 

値下げは少ししかされなかったので、うまく話しをまとめてくれたんだと思います。

 

 

苦労したというか嫌だったのは買取業者からの勧誘電話ですね。

 

1日1回はかかってくるような状況でしたから。

 

 

そんな額じゃ売れないって言っているのに何度も電話をしてくるんです。
本当に腹が立ちました。

 

 

しかも、もう仲介業者を見つけたと言ったのに、その後もう1回電話がかかってきましたからね。
あの時は怒りよりも呆れました。

 

 

高く売れるために徹底的に掃除して修理も!

当然と言えば当然のことなんですが、掃除を綺麗にしました。
後は自分で直せる部分は事前に修理をしました。

 

私の場合は、網戸が破れている窓が何箇所かあったので、それを張替えしたり、障子が色褪せていたので張替えをしたりしました。

 

畳の張替えもしました。
フローリングの部屋はホームセンターでワックスを買ってきてワックスをかけました。

 

 

後は、修理が必要なんじゃないかという部分を査定員にしっかりと伝えました。

 

少し歪んでいるような感じのするドアがあったんですが、そのことをしっかりと伝えましたね。

 

家の周りの雑草を刈り取りましたし、エアコンの掃除もしました。

 

なるべく自分ができることは自分でやって、見栄えが良い状態にしてから訪問査定を依頼しました。

 

 

もしもう一度不動産を売ることになったら何に一番気をつけるか

もし、私がお金に困っている状態ですぐにお金が欲しい状態だった場合でも、絶対に不動産の買取業者には売らないように気をつけたいと思います。

 

あそこは物凄く買い叩いてきます。しかもしつこいんです。

 

でも、すぐに現金が貰えると言われたら多少心が動いたのも事実です。

 

なので、最初から選択肢に入れない方がいいと思いました。

 

 

仲介業者を経由して売却するとなると、売却まで時間がかかります。

 

毎日売れるかどうかストレスを感じていました。

 

そういうストレスを軽減できたのは、仲介業者と蜜にコミュニケーションが取れたからだと思います。

 

 

毎日はさすがにかけませんでしたが、1週間に1度は電話をかけていましたし、仲介業者の方からかけてくれました。

 

そのように私の立場になって物事を考えてくれる仲介業者に売りたいなと思います。

 

 

そのような仲介業者に出会うには、ネットの情報を参考にした方がいいんだなと改めて感じました。

 

地元の不動産屋を選定するときに、知人に相談したんです。
それで知人に紹介された不動産屋に査定をしてもらったんですが、期待はずれでした。

 

ネットの場合は、良いことも悪いことも全て知れるので、その情報を参考にして仲介業者を選びたいなと思います。

 

その時も必ず不動産一括査定を申し込みたいですね。

 

不動産一括査定に登録されている業者に変な業者はいないと思います。
だから自分で探すよりも絶対に安心ですよ。

 

 

 

管理人から一言

 

親の家(実家)を売るのは決心が要りますよね。
自分が育った実家ですから。

 

それにしても、やっぱり不動産業者は色んな人がいますよね。
僕も経験していますが、5社に依頼したら5社とも特徴があって、腹が立つこともあるし感謝することもあります。

 

複数の業者に見てもらい、こちらも業者を査定するくらいに思っていたほうがいいでしょうね。

 

 

買取業者の金額は安くなるものです。
買取業者は、買い取ってから再度売りに出さないといけません。

 

もしかしたら、売れないかもしれないし修繕などが必要になるかもしれません。

 

そういった意味で、買取業者は仲介よりもかなり安いでしょう。
時間が無い場合は買取業者という選択もありですが、少しでも時間があるなら仲介のほうが絶対に高くなります。

 

家を高く売るには

家をなるべく高く売るには良い不動産業者を見つけることです。

我が家も地元のとっても親切な不動産会社さんとの出会いによって満足の行く売買が出来ました。

不動産一括見積もりを利用するのは、価格が高いところを選ぶわけではありません。

複数の業者さんに見積もりをお願いして、信頼できそうな業者を探すのがポイントです。

5社くらいの業者さんと話をすると、その業者さんの考え方などがわかります。

・高い見積もりを出すけど、営業をガンガンかけてくる人
・そっけない態度で、さっさと帰っちゃう人
・親身になって話を聞いてくれて裏表のない人

まずは一括見積もりをしてみてください。

金額も全く違いますが、営業マンや会社の姿勢がにじみ出てくるのでおすすめです。

注意点としては、言葉巧みな営業マンの口車には乗らないように!

→不動産の一括査定はこちらをクリック




関連ページ

【体験談】転勤で10年前に買った一戸建てを売却。大手2社に咲いてを依頼した結果は?
10年前に一戸建てを購入しましたが、転勤で売ることにしました。
【体験談】海外転勤で家(マンション)どうする?残債よりも高く売れました!
海外転勤の辞令があり、マンションを売却しました。残債は残したくなかったので強気の価格で開始。無事に売れましたが、ちょっと後悔していることも・・・
【体験談】実家が空き家になったので売却しました
両親が他界して実家が空き家になってしまいました。放火の心配や管理の面倒さに売却することに。売却までの道のりをつらつら書きました
【体験談】東北の田舎で築25年の二世帯住宅(4LDK)を1,450万で売却
築25年の4LDKの一戸建て住宅を売った体験談です。住み替え先が決まっている、雪がふる前に売りたい!と思っていたら1周間というスピード売却ができた体験談です
【体験談】転職で上京!マンションを3月までに売るためにひやひや
転職して都会に引っ越すことに。購入したマンションを売却した時の体験談です。12月に売りに出し3ヶ月で売れるかヒヤヒヤしました。上手に売るために大切だと思ったこと
【体験談】田舎の家を売るときに弟と金でもめた
田舎の両親がなくなったので家と土地を売りました。これで田舎の実家がなくなったわけです。なんとも言えない寂しさがあります・また、遺産をめぐって実の弟と揉めたのもショックでした
【体験談】隣人トラブルで精神崩壊。マンションを手放すことに
引っ越してすぐに下の階の方の嫌がらせが始まりました。警察にも行ったくらい酷かったです。解決しなかったので泣く泣く家を手放すことにしました。しかもかなり安い金額で・・・
【体験談】4000万で買ったマンションが5,000万で売れた
都内のマンションを4000万で購入しましたが、突然の転勤辞令。賃貸か売却か迷った末に売却を選びました。そして、売却額は1000万円も高い5000万円という高値!なぜその値段で売れたのか
【体験談】環境整備が進まず小学校入学前に住み替えを決意!
子どもが生まれる前にマンションを購入しました。家も近所の方も気に入っていたのですが、周辺環境整備が進まず、通学路が危険だと感じたので迷った末に住み替えを決意しました
【体験談】単身赴任か売却か迷った末・・・
最後の転勤かと思った矢先の転勤辞令。単身赴任か売却か迷った末に売却をしました。その時の体験談を書きました
【体験談】3社に一般媒介契約をして失敗・・・
中古マンションから一戸建てに住み替えのために不動産売却を経験しました。どの業者が良いのかわからず3社と一般媒介契約を結びましたが失敗でした。
【体験談】被災したマンションを売却
あの大震災で被災したマンションを売却しました。1社に任せたのが失敗だったのですがリフォームなしで売りに出した結果全く売れませんでした。しかし
築18年の家を売るのにリフォームは必要なのか?
長年住んだ家を売却するために、リフォームは本当に必要なのか?築18年の家を売却した実体験をまとめてみました。
中古マンションを買値よりも高く売りました。
信頼のおける会社と担当者と出会い、焦らずじっくり辛抱し、買値よりも高く売却できた実体験。
将来の生活環境を考えてはじめてのマンション売却
子供が生まれたのをきっかけにマンション売却を考えることに!我が家の体験談をまとめました。
離婚して家を手放すことになりました
離婚をして、4LDKの一戸建てにひとり残されることに!あまりに広すぎると家の売却を決断!そんな体験談をまとめてみました。
震災を経験しタワーマンションの売却を決意!
震災を経験し、非常事態の時に備えられる住まいを!と考え直し、タワーマンションの売却を決意。その体験談をまとめました。
買い手がなかなか見つからず、最終的に出した答えとは
なかなか買い手が見つからず、賃貸として貸し出すのか、それとも二重ローンや不動産の買い取りにするのか悩んだ末に出した答えとは
親と同居するために、所有していたマンションを売却!
マンションを所有していたましたが、親との同居が決まり、売却することに!ここでは、売却までの流れを詳しくまとめてみました。
祖母の体調が悪化!祖母と2世帯に住む決意を!
体調が悪く介護が必要になった祖母と二世帯に住むことに。そこで、もともと住んでいた家を売却することを決断。築35年の家は一体いくらで売れたのか?
家のローンが払えず、売却することを決意!
子供の学費が高く、ローンの支払が厳しくなり家を売却することにしました。そんな我家の体験をまとめてみました。
一人暮らししていた母が亡くなり、実家を売却することに。
一人暮らしの母親が亡くなり、 実家の管理と利用に頭を悩ませていました。そんな時に土地の買収依頼の話があり、私はこの機会に承諾することを決意ました。
マンションよりも戸建てがほしい!
新築マンションを購入したものの、男たるもの戸建てがほしい!という思いを拭えず、マンションの売却を決意。売却までの体験をまとめてみました。
在宅介護が困難に!老後資金のために実家を売却
父が病で倒れ、母も持病があったため、在宅介護も困難となり、老人ホームへの入居。2人の老後資金の為に、売却を両親と相談して実行に移すこととなりました。売却までの体験をまとめました。
上の階の人の夜型生活の生活音に耐えられず売却へ
上の住民の方の生活スタイルと私の生活スタイルが真逆だったため、深夜聞こえてくる音で寝不足に!我慢も限界に達し、マンションの売却を決意しました。ここでは、その体験をまとめました。
隣の住戸からの騒音が原因で売却を決意
マンションを購入したものの、隣に住んでいた方は小さな子どものいる4人家族でした。隣の住戸からの騒音が我慢できず、結局売却を決意。その体験をここではまとめてみました。