田舎がなくなるということ

大学まで過ごした田舎を出て、田舎には両親だけが暮らしていました。

 

両親ともに、ほぼ同じようなタイミングで体調を崩し、先に父が、2年後に母が亡くなりました。

 

いまは、仕事の関係で田舎を離れており、戻るつもりも有りません。

 

そのため、生まれ育った生家を手放すという選択肢になりました。

 

 

帰るつもりはないけれど、帰れるところがなくなるというのは、考えただけでさびしくなります。

 

でも仕方がない。

 

いつまでも残しておいても誰が住むわけでもないし、世話が出来るわけでもないということで、売却を決意しました。

 

 

売却は意外とすんなり行きました

売却は、地元の不動産屋さんに相談してお任せしました。

 

家自体は築30年を超えているのでほとんど価値はありません。

 

土地はある程度広かったので、2000万くらいで売れました。

 

 

実家がなくなる寂しさ

売れてもなお思うのは、田舎がなくなったということです。

 

考えてみれば、戻る家はなくなりましたが、お墓は実家近くにあります。

 

両親を含めた先祖のお墓参りには行くわけだし、自分がいざ死ぬことを、あるいは家族が死ぬことを考えれば、いま暮らしているところを離れて、お墓だけ実家近くに戻るということになります。

 

 

これから先のことを考えると、それがいいのかどうか、あるいはお墓もこっちに移す方がいいのか、家を売ってもなお、それに取り巻く問題を考えると頭はスッキリとしません。

 

こういうことも考えるというのが家を売るということなのだと思いました。

 

 

 

弟と遺産をめぐってもめる

 

私には弟がいます。

 

どちらかといえば実家に近いのが私、弟はかなり遠いです。

 

そのため、売却を考えたときも電話でしか相談できなかったのですが、考えは私と同じということで売却決定に至りました。

 

 

不動産屋さんに査定してもらい、出てきた金額を伝え、お互い了承のもとで売却しました。

 

そうすると、弟から取り分は当然半分だよねと言ってきたのです。

 

私としては、長男で両親の看病を定期的に通ってやってきました

 

だから、その分多くもらうつもりでいたのです。

 

しかし、弟はそんなことはお構い無しで折半の要求をしてきました。

 

結局は折半で折り合いをつけたのですが、遺恨が残りました。

 

まさか実の弟と両親の遺産をめぐって揉めることになるとは思ってもいませんでした。

 

遺言があれば違っていたかもしれません。

 

兄弟でお金のことで争うのは本当にキツいです。
でも1000万円のお金が手に入るとすれば、ローンの返済や子どもの教育費などもあるから必死になるものでしょう。

 

親が死ぬ前に遺産の話をするのも気が引けますが、家族が揃った時にそういう話をもうちょっとしておけばよかったとちょっと後悔しています。

 


家を高く売るには

家をなるべく高く売るには良い不動産業者を見つけることです。

我が家も地元のとっても親切な不動産会社さんとの出会いによって満足の行く売買が出来ました。

不動産一括見積もりを利用するのは、価格が高いところを選ぶわけではありません。

複数の業者さんに見積もりをお願いして、信頼できそうな業者を探すのがポイントです。

5社くらいの業者さんと話をすると、その業者さんの考え方などがわかります。

・高い見積もりを出すけど、営業をガンガンかけてくる人
・そっけない態度で、さっさと帰っちゃう人
・親身になって話を聞いてくれて裏表のない人

まずは一括見積もりをしてみてください。

金額も全く違いますが、営業マンや会社の姿勢がにじみ出てくるのでおすすめです。

注意点としては、言葉巧みな営業マンの口車には乗らないように!

→不動産の一括査定はこちらをクリック




関連ページ

【体験談】転勤で10年前に買った一戸建てを売却。大手2社に咲いてを依頼した結果は?
10年前に一戸建てを購入しましたが、転勤で売ることにしました。
【体験談】海外転勤で家(マンション)どうする?残債よりも高く売れました!
海外転勤の辞令があり、マンションを売却しました。残債は残したくなかったので強気の価格で開始。無事に売れましたが、ちょっと後悔していることも・・・
【体験談】親が他界して売却したのですが、買い叩かれそうになった
【体験談】実家が空き家になったので売却しました
両親が他界して実家が空き家になってしまいました。放火の心配や管理の面倒さに売却することに。売却までの道のりをつらつら書きました
【体験談】東北の田舎で築25年の二世帯住宅(4LDK)を1,450万で売却
築25年の4LDKの一戸建て住宅を売った体験談です。住み替え先が決まっている、雪がふる前に売りたい!と思っていたら1周間というスピード売却ができた体験談です
【体験談】転職で上京!マンションを3月までに売るためにひやひや
転職して都会に引っ越すことに。購入したマンションを売却した時の体験談です。12月に売りに出し3ヶ月で売れるかヒヤヒヤしました。上手に売るために大切だと思ったこと
【体験談】隣人トラブルで精神崩壊。マンションを手放すことに
引っ越してすぐに下の階の方の嫌がらせが始まりました。警察にも行ったくらい酷かったです。解決しなかったので泣く泣く家を手放すことにしました。しかもかなり安い金額で・・・
【体験談】4000万で買ったマンションが5,000万で売れた
都内のマンションを4000万で購入しましたが、突然の転勤辞令。賃貸か売却か迷った末に売却を選びました。そして、売却額は1000万円も高い5000万円という高値!なぜその値段で売れたのか
【体験談】環境整備が進まず小学校入学前に住み替えを決意!
子どもが生まれる前にマンションを購入しました。家も近所の方も気に入っていたのですが、周辺環境整備が進まず、通学路が危険だと感じたので迷った末に住み替えを決意しました
【体験談】単身赴任か売却か迷った末・・・
最後の転勤かと思った矢先の転勤辞令。単身赴任か売却か迷った末に売却をしました。その時の体験談を書きました
【体験談】3社に一般媒介契約をして失敗・・・
中古マンションから一戸建てに住み替えのために不動産売却を経験しました。どの業者が良いのかわからず3社と一般媒介契約を結びましたが失敗でした。
【体験談】被災したマンションを売却
あの大震災で被災したマンションを売却しました。1社に任せたのが失敗だったのですがリフォームなしで売りに出した結果全く売れませんでした。しかし
築18年の家を売るのにリフォームは必要なのか?
長年住んだ家を売却するために、リフォームは本当に必要なのか?築18年の家を売却した実体験をまとめてみました。
中古マンションを買値よりも高く売りました。
信頼のおける会社と担当者と出会い、焦らずじっくり辛抱し、買値よりも高く売却できた実体験。
将来の生活環境を考えてはじめてのマンション売却
子供が生まれたのをきっかけにマンション売却を考えることに!我が家の体験談をまとめました。
離婚して家を手放すことになりました
離婚をして、4LDKの一戸建てにひとり残されることに!あまりに広すぎると家の売却を決断!そんな体験談をまとめてみました。
震災を経験しタワーマンションの売却を決意!
震災を経験し、非常事態の時に備えられる住まいを!と考え直し、タワーマンションの売却を決意。その体験談をまとめました。
買い手がなかなか見つからず、最終的に出した答えとは
なかなか買い手が見つからず、賃貸として貸し出すのか、それとも二重ローンや不動産の買い取りにするのか悩んだ末に出した答えとは
親と同居するために、所有していたマンションを売却!
マンションを所有していたましたが、親との同居が決まり、売却することに!ここでは、売却までの流れを詳しくまとめてみました。
祖母の体調が悪化!祖母と2世帯に住む決意を!
体調が悪く介護が必要になった祖母と二世帯に住むことに。そこで、もともと住んでいた家を売却することを決断。築35年の家は一体いくらで売れたのか?
家のローンが払えず、売却することを決意!
子供の学費が高く、ローンの支払が厳しくなり家を売却することにしました。そんな我家の体験をまとめてみました。
一人暮らししていた母が亡くなり、実家を売却することに。
一人暮らしの母親が亡くなり、 実家の管理と利用に頭を悩ませていました。そんな時に土地の買収依頼の話があり、私はこの機会に承諾することを決意ました。
マンションよりも戸建てがほしい!
新築マンションを購入したものの、男たるもの戸建てがほしい!という思いを拭えず、マンションの売却を決意。売却までの体験をまとめてみました。
在宅介護が困難に!老後資金のために実家を売却
父が病で倒れ、母も持病があったため、在宅介護も困難となり、老人ホームへの入居。2人の老後資金の為に、売却を両親と相談して実行に移すこととなりました。売却までの体験をまとめました。
上の階の人の夜型生活の生活音に耐えられず売却へ
上の住民の方の生活スタイルと私の生活スタイルが真逆だったため、深夜聞こえてくる音で寝不足に!我慢も限界に達し、マンションの売却を決意しました。ここでは、その体験をまとめました。
隣の住戸からの騒音が原因で売却を決意
マンションを購入したものの、隣に住んでいた方は小さな子どものいる4人家族でした。隣の住戸からの騒音が我慢できず、結局売却を決意。その体験をここではまとめてみました。